韓国美女の美肌の秘訣

最近、大学時代の韓国人のお友達が日本に遊びに来たので一緒に飲んだんです。
それで、まぁいつものことながら美肌の話になったわけです。
たまたまその韓国人の女の子たちのボーイフレンドも数名、来ていたんだけど、みんな肌がきれいなんですよね。
いつものことながら、なんでそんなに肌がきれいなのか。女性だけならともかく男性も・・・ということならやっぱり食に秘密があるんじゃないかと思うんです。
やっぱりキムチやサムゲタンなんかの肌に良さそうな料理を毎日食べているからなのかな?と思いますね。
あとは、彼女はよくお肉を食べるのがいいんじゃないか、といいます。
お肉を食べるときは必ず同量くらいの野菜も一緒に食べるんだとか。
そうすることでお肉を食べるだけじゃなくて野菜も取れるから肌にとてもいいんだって。
韓国は、美容大国で、コスメとかも最先端って感じがするし、カラコンだって日本よりもかなり多くの種類があるし安いし、そういうことばかりが注目されがちだけど、もともとの肌の美しさがどこから来ているかというところもやっぱり興味がありますね。
これからもコスメだけじゃなくて、美容に関してもチェックしていきたいな。
あと、男性もかなり肌に気を使っているということがわかりました。だから綺麗なのね・・・。

シュガーな瞳になりたい

目を閉じたとき、キラット輝くお砂糖みたいなんだけどどこかクールなそんな瞳になりたいなら、使うべきはシルバーのアイシャドウです。
ラメの入ったタイプのアイシャドウをひとつ用意しましょう。
そして、付ける前にちょっとまぶたにクリームや乳液をつけます。よれない程度に薄くつけます。もしくは、アイシャドウベースを買ってそれを使ってもいいですね。
クリームをつけることでラメの入ったアイシャドウの密着度が高まってきれいに仕上がります。
あとは、持ちもいいですね。クリームをつけると付けないとで肌のツヤも違ってくるので、艶のある肌にのせたほうがとても美しく見えます。
さて、シルバーのアイシャドウを使ったら黒のアイライナーよりもネイビーのアイライナーの方が相性がいいみたいです。
もちろんシルバーならカラーアイライナーとの相性もいいので、いろんな色を試してもいいですね。ボルドーのような赤っぽい色もいいし、グリーンやブルーでもいいと思います。
カラコンもどんな色でも合うと思います。私はシルバーのアイシャドウを使ったグリッターメイクをするときは必ずブルーやバイオレットなどの色を使います。
神秘的で個性的な瞳になれるのでパーティーとかで褒められることも多いですよ。
イベントやパーティーではできるだけ男ウケや女ウケなど狙わずに自分の好きなメイクを楽しんだほうがパーティーも楽しめるってものです。

場所によってメイクを変えよう

例えばデートのとき、お出かけして、映画を見て、食事して・・・っていうコースのとき、どんなメイクで行きますか?
もちろん、ベースは変わらずでも、私は一日のうちでメイク直しをちょっとだけします。
例えば、お出かけ、ショッピングだとして、まぁ普通のデートメイクでいいと思うんですけど、映画を見るとき薄暗い部屋なのでできるだけちょっとリップをツヤツヤに、いつも以上にグロスを追加します。映画を見る前にトイレに行ってグロスを仕込みます。
薄暗い映画館の中でくちびるがツヤツヤしているとちょっとセクシーなんですよね。
そして、映画が終わって、食事に行くだろうな、というときになったら今度はリップは抑えます。これから食事なのにテカテカしてたらダメ。ティッシュオフして、今度はアイメイクを変えます。ちょっとだけラメの入ったアイシャドウを重ねます。例えば朝に付けて行っても夜には取れている場合もあるので追加します。食事のときは目を見て話すことが多いのでここでカラコンをつけたりするのもありですね。朝からつけていると目が乾いて夜には痛くなっちゃうなんてこともあるといけないので夜につけるのもアリですよ。
こんな感じで一日でいろんな雰囲気の女になれると男性も飽きないでいいかも?なんて思ったり。

迷ったらボルドー

いや、今年とってもカラーメイクが流行ってますね。夏からカラーアイライナーを使ったメイク結構やっているけどこの冬にもかなりカラーメイクやってる。周りの子もかなりやってる。
でもなかなか勇気がいるよ~っていう人も確かにいると思うんです。そんな人はまずボルドーを試して欲しいです。
ボルドーは今年の流行色でもあるし、カラーとしては取り入れやすい。ボルドーなどの赤っぽいカラーは日本人の肌の色に馴染みとても似合う色なんだって。
それに目を閉じたときにボルドーのアイラインがさりげなく見えて色っぽくていい。なんてこともあります。
ボルドーのスカートとか靴とかと合わせて、カラーコーディネートを楽しんでもいいですね。
ボルドーのアイライナーを使うなら、カラコンは私は絶対黒をすすめます。
黒と赤ってやっぱり似合うし、日本人を美しく見せてくれる色だと思うから。
髪色だって絶対明るい色より暗い色のほうがいいよね。
ボルドーに慣れてきたら、ネイビーとかカーキとかちょっと大人っぽい色もいいですよ。
カラーのアイライナーはいろいろ持っていると楽しいですね。
私もゴールドのアイシャドウとかと合わせて楽しんでいます。
大人の色気が出せる色合わせだと思うので、試してみてくださいね。

ブラウンメイク進化系

オフィスでもウケがよく、万人に愛されるブラウンメイク。私もブラウンメイクは自分の定番メイクの一つとして、TPOを考えながら楽しんでいます・・・が、
ブラウンメイクってつまらないし、飽きてきちゃうんですよね。確かに定番だからオフィスとかではいいと思うけど、それだけじゃつまらないと思っている人結構多いと思うんです。
さて、そんな物足りないあなたに今日は進化系をご紹介します。
買い足すもの、ありません。いつも使っているブラウンのアイシャドウパレットがあれば、いつもとちょっと違ったブラウンメイクを楽しめます。
だいたい、アイシャドウパレットっていつも同じ色ばかり使いませんか?グラデーションとか言ってもやっぱりアイホールに一番薄い色を、中間に真ん中の色、目のきわに濃い色を使いますよね。
真ん中の色を多く使うと思うんです。今回は締め色を下まぶたの際に入れます。
そしてアイシャドウとしては薄い色を使い、上まぶた全体に優しく乗せます。
上まぶたの際にアイシャドウはのせず、アイライナー(これはブラウンがオススメだけどなければ黒でも)でまつげのあいだを埋めます。
下まぶたの際に入れた濃い色のアイシャドウのしたにベージュのアイシャドウを少し重ねます。ちょっと涙袋みたいな感じになります。
これで出来上がり。あとは好きなカラコンを入れて、できればブラウンで。

かわいいは正義

なんとなく、かわいいは正義という言葉が気になって・・・。やっぱりそうなんだよね~かわいいもの、カワイイ人、見ているだけで幸せな気持ちになります。
私はかわいいもの(自分がかわいいと思うもの)を集めるのが好きです。
高いものは買えないけど、そういうものに出会えるとすごく幸せな気持ちになります。
コスメだって使わなくても、かわいいと思ったものはとにかく買ってみる。カラコンもそう。パッケージがカワイイっていうだけでなんか買っちゃうんですよね。
常にかわいいものに囲まれているとほんとハッピーになれるし、自分が常に綺麗に、身なりを整えておくことって本当に大事だと思うんです。
別に誰かからかわいいと思われたい、とか綺麗だって言われたいとかじゃなくて、きちんとしておくことで、自分自身の気分が上がったりして、ハッピーになれたら、いつもそんな気持ちでいられたらいいな。って。
その手助けをしてくれるのがコスメだったり、洋服だったりなんじゃないかなと思うんです。
そう言う自分が着る、使う一つ一つのものを見直して、どうでもいいか~じゃなくて、大事に選べるようになったらもっともっと素敵になれると思います。
今日もお気に入りのグリーンのカラコンつけていこうとか、考えるだけでもワックワクしちゃいます。

自分の気に入ったものを買う

コスメを買うとき、クチコミをチェクしてから買うという人は結構いると思います。
もちろん私もその一人です。
例えばシャンプーを買おうと思ったとき、このシャンプーは評価はどうなんだろう?とか気になってドラッグストアで調べたりすることもあります。
でも、最近はそれもちょっと変わってきたんですよね。
某口コミサイトはもちろん信頼できると思うんだけど、実際に本当に使ったのかわからないけど書いている人や、そのメーカーの関係者が書いているものとかも含まれていて、ポイントが高いからといって必ずしもいいものとは限らないんです。やっぱり自分で使ってみないとわからないですよね。
私はあるシャンプーを使っているんですけど、口コミサイトではさほどポイントは高くはないです。でも自分にはあっていて、それを使うとすごくまとまるし、ツヤが出るし、使い心地もいい、匂いも好き。
口コミサイトを見たときは、買っちゃったあとだったからもう返せないな~って思ったけど使ってみるとすごくいい。自分にはあっているってことですよね。
だから、やっぱり自分で確かめてみるって大事なのかもしれないなって思いました。
カラコンもそうです。自分に似合うかどうかは付けてみるまでわからない。つけてみて初めてわかるからこそ買ってみないとな、と思いますね。

モテるための合コン必勝メイク

合コンでモテたい。一番かっこいい男子を落としたい。
そんな野望は誰でも一度は持ったことがあるんじゃないでしょうか?
気合を入れて行ったのに、冴えない女の子に取られてしまった経験も・・・ありませんか?
私は合コン自体はそんなに数行ったことはないけど、行くとだいたい一番人気の男性に声をかけられることが多いです。これは自慢でもなんでもなく、私に隙があるからなんだと思います。
そして、一番人気の男性と友達になることが多いです。いや、大抵私は彼氏がいて、人数合わせのために行くことが多いので男性とフランクに話せるというのもあるのかもしれません。
だから、気負っていない、気合入りすぎていない感じが男性から好まれるのかもしれないですよね。
ということは、それを逆手にとって、彼氏が欲しいなら気合を入れすぎないでいくということがいいのかもしれません。
私は彼氏がいる。それくらいの気持ちで行ってみるといいかも。
ゴテゴテのメイク、大きすぎるカラコン、ぐるぐるの巻き髪。男性の嫌いなメイクは卒業して、ナチュラルで清楚なメイクでちょっと抜けたくらいがベストなんです。
モテるために、やらない勇気も必要ですね。
合コンでモテるには、メイクよりも肌や髪に時間をかけてケアしたほうがいいかも。

メイクに関する調査結果

いろんな記事を読んでいるとおもしろいな~って思うものがたくさん出てきます。
今日はメイクに関する調査ということで、女性が年齢を重ねていくとメイクに対して同考えが変わっていくかというようなことについてちょっと見ていきたいなと思います。
カラコン、つけまつげ、アイプチのアイテムを使っているか、という調査で10代は一番多かったのがカラコン、20代、30代で一番多かったのがつけまつげ、でしたが、いずれも使っていないという答えが10代から30代通して一番多かったんです。
ということは、みんなどれも使っていない人が多いんですね。意外でした。
あとは、10代から30代女性の同性の目からどう見られたいか?という質問の答えもおもしろかったです。
10代はメイクがうまいと思われたい、という意見が多く、20代はマナーとして最低限とか、憧れの存在になりたい、30代になると年齢よりも若く見られたいという意見がありましたね。
確かに自分に当てはめてみると、10代はメイク始めたばかりで、上手な子は目立っていて、みんなから教えてって言われたりしてそんな存在になりたいなって憧れました。
20代になってくると自分のメイクが確立されて自分と向き合うメイクへと変化。そして、30代になるとまた今度は人と比べて自分は若く見られているかという意識へ変わっていくのかな?と思います。
おもしろいですね。

パーティー仕様の私になる

先日、友達の結婚式に行ってきました。
やっぱり友達の結婚式って気合入りますよね。
人によっては新郎のお友達と仲良くなれるチャンスとばかりにすごい気迫で来る子もいるものです。
私はそこまでではないけれど、でもそれなりにきちんとしていっているつもりです。
パーティーのときはどうしても薄着になりますよね。ワンピースでもノースリーブとか羽織ものは室内ではきなかったりすることもあります。
そんなドレスのときに私がしているのがボディーにハイライトを入れること。
入れるのは鎖骨、腕、すねです。
顔にハイライトを入れるのと同じことなんですけど、ラメ入りのちょっとキラキラしたものを使います。ボディ用に買ってあります。
それをブラシにとって鎖骨、腕、すねに入れることでボディにも立体感が出ていいですよ。
近くで見られてもキラキラして綺麗だし。
よくメイクでも下まぶたにラメのアイシャドウを入れることでコンタクトレンズがキラキラと輝いて見えるので、身体にもラメをつけることで特に結婚式場のような照明のところでは肌をきれいに見せてくれますよ。
キラキラってつけているだけで女子力アップするような気がするし、実際に人ってキラキラしたものに目がいきますよね。この方法は結構オススメです。